ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

Epi-LASIK


Epi-LASIK
エピレーシックとは?
エピレーシック(Epi-LASIK)は、レーシック同様、エキシマレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力回復手術です。エピレーシックの特徴は、角膜の厚さの問題で通常のレーシックが難しい方にも適応の幅が広がった点と、眼球に強い衝撃を受けやすい格闘技などの激しいスポーツをする方でも手術をお受けいただけるという点です。

エピレーシックでは、専用のエピケラトームという医療機器を使用し、通常のレーシックよりも“フラップ”をさらに薄く、角膜上皮と呼ばれる部分に作成します(フラップについては、角下記の手術手順もご参照ください)。角膜の上皮細胞は新陳代謝により新しく生まれ変わるため、エピレーシックでは最終的にフラップ自体が消失します。そのため、眼球に強い衝撃を受けてもフラップがずれるという心配がありません。
また、エピレーシックではフラップを薄く作成することで、レーザーによって削られる角膜の厚みと強度を十分に確保しやすいという利点があります。通常のレーシックでは角膜の厚さの問題でお受けいただけなかった方も適応となりやすいのはそのためです。
視力回復LASIK・レーシックのことなら[品川ドットコム]
info@sinagawa-lasik.com
http://www.sinagawa-lasik.com/
フッターイメージ