ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

Wavefront ウェーブフロント


通常のレーシックに付加して更に快適な視界
Wavefront(ウェーブフロント)とは?
ウェーブフロントレーシック(Wavefront LASIK)は、これまでは不可能だった細かな高次収差(歪み)をウェーブフロントアナライザーという高精度の検査機器で解析し、そのデータを元にレーザー照射を行うレーシックです。収差を矯正することで、通常のレーシックよりさらに視界のボケやにじみが改善され、例えば同じ1.5の視力でもよりクッキリと見える1.5になるなどの「見え方の質の向上」が期待できます。

ウェーブフロントレーシックでは、まず、ウェーブフロントアナライザーで眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的にデータ解析を行います。そして、ウェーブフロントアナライザーと直接データをリンクさせて、高次収差を無くすようにエキシマレーザーを照射します。当院で導入しているこのような方式は、正式にはWavefront-guided LASIKと呼ばれる本格的なものです。
視力回復LASIK・レーシックのことなら[品川ドットコム]
info@sinagawa-lasik.com
http://www.sinagawa-lasik.com/
フッターイメージ