ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

目が見える仕組みとは?


目が見える仕組みはカメラのレンズと同じ!?
目が見える仕組みとは?
正常に見えている状態では、光(景色など)が、瞳孔(黒目)を通るとき、角膜と水晶体で屈折されて、網膜(眼球の奥にある壁)で、一点に集まっています。

ところが、近視・遠視・乱視では、光を屈折する角膜と水晶体が原因で、光の集まる点(=焦点)がきちんと網膜に集中しません。これを屈折異常といいます。

近視・遠視・乱視などの角膜の屈折の度合いを変えて、正常に見えるようにするのが、レーシックなどの視力回復手術です。屈折矯正手術とも呼ばれています。
視力回復LASIK・レーシックのことなら[品川ドットコム]
info@sinagawa-lasik.com
http://www.sinagawa-lasik.com/
フッターイメージ