ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

LASIKの病院選び
レーシックを受ける病院を選ぶにはどのようなポイントがあるのでしょうか?
  1. できるだけ多くの病院の情報を調べること。インターネットが便利です。
  2. その中から「良い」と思う病院の候補をピックアップする。1つの病院に決めつけず、複数の病院を比較検討すること。その際、まず料金は無視して選ぶこと。そして、1つの要因で選ばず、様々な角度から総合的に判断すること。
  3. 頭で決め付けず、実際に病院に足を運んでみること。「百聞は一見にしかず」です。病院には1人ではいかず、あなたの信頼できる人に同席してもらえば自分の気付かない点など教えてもらえます。
  4. 手術が成功した時よりも、万が一のトラブルが起こったときに、病院の本当の良し悪しが分かれます。考えたくはないかもしれませんが、万が一の場合を想定し、しっかりと対応してくれそうな病院を選ぶことが大切です。
  5. 最終的に、この病院が一番だと確信できる病院を選ぶこと


まずはやっぱり執刀医!
医師の技術

日本眼科学会は、レーシックは日本眼科学会認定の専門医が行うことと規定しています。しかしながら、実際は眼科専門医でない医師がレーシックなどの視力回復手術を行っているところもあるようです。

では、なぜ眼科専門医でなければならないのか?

レーシック手術を行う際は、目に他の病気が潜んでいれば、重大な合併症につながる恐れもあり、きちんと見極めることが大切です。レーシックの技術だけに精通していればよいというものではありません。

眼科専門医なら、きっちと研修を積み眼科学会から認定された医師ですから、目のトラブルにもきちんと対処してもらえると思いますし、対応できない場合でも他の病院を紹介してもらえることでしょう。

それでは、眼科専門医であれば、誰でもよいのかというと、決してそうではありません。眼科専門医であることは、あくまでも最低条件であり、それだけでは十分とは言えません。

ま ず、レーシックはあくまでも眼科治療ですから、眼科医としての経験が長い医師の方が安心です。その上で、レーシックの経験豊富な医師が良いでしょう。さら に、レーシックは医療用の顕微鏡を用いて行う手術ですから、レーシック以外の白内障手術、角膜移植などの顕微鏡手術の経験豊富な医師なら、なお安心できま す。

また、医師の技量ももちろん大切ですが、医師の人間性も非常に重要です。あなたの大切な目を預け、あなたの一生を左右するような手術なのですから、「この先生なら大丈夫」とあなたが確信できる医師を選ぶことが重要です。


視力回復LASIK・レーシックのことなら[品川ドットコム]
info@sinagawa-lasik.com
http://www.sinagawa-lasik.com/
フッターイメージ