レーシックの品川ドットコム 本文へジャンプ

レーシックに失敗ってあるの?


これからレーシックを受ける人が一番気になるこの話題!
果たしてレーシックに失敗はあるのか!?
レーシックに失敗ってあるの?

きっとこれからレーシックを受けようと考えている人にとって一番気になる疑問であると思います。
ここでレーシックの失敗というのを一度しっかりと定義することが必要です。

まず失明があるかですが、これは国内・国外ともに報告がありません。
そもそもレーシックは角膜を削る手術であるので理論的に失明するはずがないのです。

すなわち、レーシックの失敗とは患者さんの理想としていた視力まで術後回復しなかったと定義することができるでしょう。

それでも、手術前より視力が悪くなることはまずありませんし、角膜に余裕があれば再手術を受けることもできます。
この再手術の料金は多くのクリニックで長期保証サービスの一環で無料です。
レーシックの適応検査では再手術が可能か、角膜の厚さを確認しておくとよいでしょう。

レーシックの失敗の話題に絡んで、みなさんはレーシック難民という言葉を聞いたことはありますか?
レーシックの手術後、眼、体に問題、症状が起こっているのに、
適切な治療を受けられないでそのままにせざるを得ない人たちのことを言います。
眼が疲れやすい、目の調子が悪いことから派生して頭痛がする、目が乾きすぎる、しょぼしょぼする、ドライアイがきついなどの症状がその主な特徴です。
これらの症状は検査データに現れないため、その適切な処置には経験がものを言います。
その点でも、レーシック手術を受ける病院を選ぶ上で、長期の無料保証サービスと症例数の豊富さは外せない点ですね。

当ブログで紹介しているレーシック病院はすべて長期の無料保証サービスと豊富な症例数を兼ね揃えているので安心です。
万が一のときも適切に対処してくれますよ。

東京近視クリニック
銀座近視クリニック
レーシック 視力回復
湘南美容外科
視力回復LASIK・レーシックのことなら[品川ドットコム]
お問い合わせ
http://www.sinagawa-lasik.com/
ORuK Medical Research