神戸神奈川アイクリニックとは?

2011年12月1日より、神戸クリニックと神奈川アイクリニックは統合し、「神戸神奈川アイクリニック」と名称変更いたしました。
これにより国内最大のレーシックグループが誕生しました。
この統合により、神戸神奈川アイクリニックは日本最大規模の視力回復手術専門クリニックとなりました。
神戸神奈川アイクリニックは 経験豊富な眼科専門医をはじめとした視力回復手術のエキスパートが 常にお客様の視点に立ち、心を込めたおもてなしと充実のアフターケア でしっかりサポートすることで多くの患者様から支持されています。
その中には第一線で活躍中のアスリート、ミュージシャン、アーティストの方々もおり、その安心感・信頼感がうかがえます。
現在、視力矯正を必要としている方は日本だけでも約4,500万人。
あなたも信頼の神戸神奈川アイクリニックでこの感動を味わってみませんか?

レーシックの安全性

レーシックは“あらゆる外科手術のなかで最も安全性の高い手術”といわれており、米国FDAや欧州ではもちろんのこと、世界でも最も厳しい基準といわれる日本の厚生労働省にも認可されています。 全米では年間100万件以上の手術が行われており、日本国内においても年間40万件、累積で100万人以上の方がレーシックで視力が回復しております。 これだけ多くの方に広まる理由の一つが『安全性』であり、日本国内で日本眼科学会が認定する眼科専門医が行ったレーシック手術で失明したケースはないといわれております。