錦糸眼科の設備

治療に用いるエキシマレーザーによって手術の結果は大きく異なります。 錦糸眼科ではBausch & Lomb社の TECHNOLAS(テクノラス)217Zの上級機種である217Z100を設置し、レーザーでフラップを作る究極の「Intra Wave-front LASIK(イントラ ウェーブフロント レーシック)」を行っています。同じ条件においてイントラレーシックはレーシックと比べてFDAのデータを超える98.3%の回復率が得られています。

錦糸眼科 執刀医の技術力

レーシックはフラップ作成が重要ですが、未熟な医師が行うと、フラップが取れてしまったり、中央が薄く抜けたり、位置がずれたりという不完全なフラップになってしまいます。
しかし、イントラレーシックでは起こったことはありません。
錦糸眼科で使用しているフラップ作成機器は、レーシックでは「ハンザトーム」を、イントラレーシックでは「イントラレースFS60」を使用してます。 ⇒詳しくはコチラ

錦糸眼科 17年の歴史

錦糸眼科は屈折異常の専門眼科として平成5年に設立され、多くの屈折治療を行ってきました。

近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行っています。

近視手術の予約から治療まで

初診予約→初診検査→カウンセリング診察→手術予約→手術→術後検診

ご不明な点や、ご心配な点があれば、web相談を行っておりますのでお気軽にご相談ください ⇒詳しくはコチラ

【レーシック関連ページ】 錦糸眼科品川近視クリニック神奈川クリニック眼科

視力回復LASIK・レーシックのことなら[品川ドットコム]
info@sinagawa-lasik.com
http://www.sinagawa-lasik.com/